CCWO

音楽・弾いてみた・ライブ・アニメ・映画・本・車・ガジェット・レビュー

歯列矯正 調整2回目+2.5回目

歯列矯正 調整2回目+2.5回目

経過

歯の動きのペースはとても早く(歯医者さん談)経過自体はとても順調だそうです。

今のペースだと夏頃にはかなり真っ直ぐになっているそうです。よかった。

ただ現段階では真っ直ぐに並んではいますが出っ歯状態です。ここからは歯を引っ込めていく方に力をかけるそうです。

調整2回目

4/20に調整2回目に行ってきました。

まずは前回と同様にワイヤーを取り外します。

そのあとにブラケットが破損していたり取れていたりした箇所が3つあったのでそこを補修しました。加えて下の前歯の2つ外側の歯2つにまだブラケットが付いていなかった新しく装着しました。なので全部で5つブラケットを新しくすることになりました。(追加料金なし)

この日の調整では前回と同様のワイヤーの張り方でした。

このあと知ったのですが、奥歯から奥歯に張る基準となるワイヤーを主線、主線につけることができず追加で取り付けるワイヤーを伏線というそうです。最初の装着時から上の歯と下の歯がそれぞれ主線と伏線が一本ずつという構成でした。(伏線には前歯から2つ外側の歯を前に出すためのものでした。)

相変わらずブラケットにワイヤーを取り付ける瞬間はかなりの痛みですね。なんとも形容し難い痛みがあります。歯を思いっ切り外側に引っ張られるような感じです。どうやら主線のワイヤーの太さは徐々に太くなっているみたいだ。これによって歯並びを円の形状に矯正する力を強めていくみたいだ。

調整後アフターフォロー(2.5回目)

実は調整してもらってから3日目くらいで下の前歯の右2つ目の伏線に付いていたブラケットが外れてしまいました。特にワイヤーが口の中に刺さったりとはなかったのっでよかった。ブラケットが外れたことを電話すると土曜日にきてくださいとのことでした。

この調整で上の歯の矯正の進行が早いので伏線は無くして主線だけで行こうといくことになりました。上の前歯の左2つ目の歯はもう主線に入っていたのですが、右2つ目の歯がまだ主線に入らなさそうだったので、2回目の調整では伏線を付けていました。これをやめて、上の歯を全部主線に入れました。右の2つ目の歯を主線のワイヤーに取り付けるときがかなり痛かったです。今は特に痛みもないです。

次回で上と下の歯が全て主線に入るそうなので、今度は歯を奥に引っ込めていく段階に入っていきます!とても楽しみです。

調整後

もう矯正を始めてから3ヶ月が経ちます。流石に矯正後の痛みとの付き合い方にも慣れてきたので特に生活にも支障もないです。矯正を始めてよかったのが、元々歯を磨くのが1日に1回で少ないなと思っていました。今は1日に最低でも2回、標準的には3回歯を磨くようになりました。それのおかげか、歯がいつもより綺麗になっているように感じる。(どこに汚れがたまりやすいかとかわかるようになってきて、自分の歯をより大切に感じるようになった笑)

余談

歯の矯正によるストレス

件の流行病の影響で

  • マスクが推奨
  • テレワークで対面する機会が激減

という状況での歯列矯正だったので、あまり対人でのストレスは感じないのも一応よかったかもしれない・・・。

件の流行病のおかげで非常に窮屈になっていることもありますが、今は辛抱する時だと言い聞かせています。

ワイヤーとマウスピースどっちがいいの?

ワイヤーとマウスピースで悩んでいたことの結論が出た。

自分の場合はかなり新陳代謝がよかったため、普通の人と比べてもかなり早いペースで歯列矯正が進んでいるようだ。

マウスピースでは施術を早めることはできないが、ワイヤー矯正では個人それぞれのペースで矯正を進めていくことができるので自分の場合は合っていたと思う。通常の設定ペースよりもだいぶ早回しで矯正を進めていくことができている。もしかしたら半年くらいは早く終えられたり?(希望的観測)