CCWO

音楽・弾いてみた・ライブ・本・車・ガジェット・レビュー

歯列矯正のはじめ

歯列矯正

若干25才でありながら歯列矯正を始めることを決心しました。

子供の頃からかなり歯並びが悪く、コンプレックスだったのもあるのと社会人として歯はちゃんとしておきたいなと思い立ち、この度決心をしました。

この記事では歯科矯正を決心してからの経緯と現状について書きたいと思います。

ここまでの経緯

  • 2019年10月25日

    K歯医者にいく。愛想がかなり悪い。

    抜歯して、ワイヤー治療でないとできないと断言。値段と期間だけ伝えられて終わった。すごいローン勧められた。

    診察料(相談料) 2000円。

    悪くいうとお客を金づるとしか捉えていない感じがすごいした。

  • 2019年11月8日

    I歯医者に変える。愛想はとても良い。歯医者自体が宮殿みたいでびっくりした。とても儲けているのだろう。

    対応はとても良かった。一通り口の中を検査し、その後口内の3Dスキャンを撮影しこれをもとに、ワイヤーやマウスピースなどを使って歯列矯正をするとどのようになるかを説明してくれた。歯列矯正の方法としてかなりの数の方法を紹介してくれた。また、実際にできる手法についても丁寧に教えてくれた。自分の歯をモデルに歯列矯正の結果をシミュレーションすることができるのはすごかった。それと同時に自分の歯並びの悪さに絶望した。歯列矯正したほうが良いなと改めて思った。

    値段に関しても、かなり丁寧に教えてくれたのと、確定申告で返ってくるお金があるなど細く説明をしてくれた。院長の歯医者さんはとても場慣れと経験を感じ安心できそうだった。ここにすると決めた。

  • 2019年11月25日

    再びI歯医者に。この日は母親がきて歯医者さんから話をしてもらった。母親は昔に歯列矯正をしてやや失敗してしまった経験がありかなり慎重になっている。そのため、お医者さんに直接話をしてもらい納得してもらえた。歯を抜くことになることが母親的には難色であったようだが、お医者さんの説明を聞くと必要性があると感じたようだ。母親も4番目の歯を上下左右で計4本抜いておりあまり乗り気ではなかったようだ。

    自分の歯の問題としては、とにかく口が小さいが歯の大きさは通常であるため抜かずに施術するのはかなり厳しいそうだ。もし抜かずに施術すると出っ歯になってしまう可能性がかなり高いとのことだった。また、歯が前に押し出されるため、歯茎の後退がかなり進行してしまうということもあるらしい。加えて、歯の両サイドを削ることも必要になるそうだ。とデメリットばかりで抜いたほうがメリットは多いらしい。

    I歯医者でやると決め次回の予約をとる。

  • 2019年12月9日

    この日は、歯の詳細な状態を検査した。レントゲンを数枚とカメラであらゆるアングルから撮影をされた。口の中と外観なども撮られた。次に虫歯と歯周病のチェックをしてもらった。虫歯が一つあったのでその場ですぐに治療された。手早かった。

    その後、レントゲンなどの情報から説明があり、実際の施術方法を提案された。ワイヤーだと2年、マウスピースだと3~4年かかると言われた。迷ったがワイヤーにすることにした。ワイヤーとマウスピースのには期間や金額などの違いもあるが、ワイヤーは月一で通ってればなんとか2年後には治療が終わる。マウスピースは3~4年自己管理のもと進める必要がある。自分には自己管理でやるのが無理だなと正直思った。金額面ではワイヤーの方が20万ほど値段が高いのは意外だった。(個人的にマウスピースの方が高いのかなというイメージだった。)ただ、マウスピースは日々の手入れ+期間が延長1-2年というのを考えるとこれを時給換算したら20万は軽くペイできるなと計算した。痛みという面ではワイヤーは月一のメンテナンス後1週間は痛みが出る。マウスピースは、2週間ごとの取り換えのあと2,3日痛みが出るそうだ。多分総痛み量はワイヤーの方が多そう・・・。見た目という面では、圧倒的にマウスピースが良いだろう。ただ今回は、透明の固定具と白いワイヤーにしてもらった。(このオプションがとても高いが・・・)

    という観点から2年で終わらせるという気合でワイヤーにした。

    説明が終わったあと、青いゴムリングを抜く歯の両脇にセットされた。次回、歯を抜く際に抜きやすくするためのものらしい。どうやらこれをはめて時間が立つと歯の間に隙間ができるらしい。取れたら取れたで放置して良いらしい。その時はすでに隙間ができているから大丈夫だということらしい。なんともすごい

    親知らずについて。上と下に計4本生えており、上の2本は普通の歯のタイプらしいが、下の歯は二股に分かれたでかいタイプのため、矯正の歯医者では抜歯できないそうだ。動脈が近くを通っており口腔外科でないと手術できないらしい。親知らずは内側に歯を圧迫する力があるため、矯正と相性が悪いそうだ。そのため早い時期に抜いた方がいいとのことだ。親知らずと4番目を抜いたら計8本、歯を抜くことになる。ヤバすぎ。

現状

現在は青いゴムリングをつけて生活をしております。まだ1日目です。

少しググってみると次の日の朝に痛みが出る人もいるらしいので怖い。

この隙間ができるのに1ヶ月ほどかかるらしいので次回の施術は1月後だ。この時に歯をまずは2本抜く。次の週に2本抜き。次の週にワイヤーを取り付けるそうだ。

やや怖いが頑張りたいと思う。

注意点

歯医者の名称は色々と考えて伏せることにしました。矯正が終わったら公開するかも。