CCWO

音楽・弾いてみた・ライブ・本・車・ガジェット・レビュー

スペードの3

朝井リョウさんの「スペードの3」を読みました!

スペードの3 (講談社文庫)

スペードの3 (講談社文庫)

帯のキャッチコピーに

「変われるか自分」

とあります。

この本のことを本当によく表していると思います。

人間だったら誰しもが持つ

  • 憧れ
  • トラウマ
  • 独占欲
  • 優越感


という感情。特に過去に抱いた感情。

これらに囚われ続ける4人の登場人物がどのようにして過去の感情から抜け出し、自由な心を手に入れるかという本です。

4人のストーリーはオムニバス形式だが、登場人物同士はどこかで繋がりあるという。「桐島、部活やめるってよ」に似た設定かなと思います。

昔の自分?昔のあの出来事?昔のあの感情?に

囚われているのではないか?

と心当たりがある人にはぜひ読んで欲しいです。